2019年12月26日

中途入社でも「同期」は良い相談相手66.7%、
同期がいない人、同期がいれば生産性向上も期待できる31.6%

〜AIGATEキャリア、20〜30代若手の中途入社経験者を対象に
「同期」に関する意識調査実施〜

若手人材の育成と採用をサポートするAIGATEキャリア株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森本 翔太)は、20〜30代の中途入社経験者111名に、「同期」に関するアンケート調査を実施し集計、発表しました。

■「同期」に関するアンケート調査

調査概要:「同期」に関する意識調査

有効回答:20〜30代の中途入社経験者111名

調査期間:2019年11月15日~2019年11月17日

■中途入社で「同期」と呼べる人がいない人43.2%

はじめに「Q1. 中途入社をした会社で、新卒と同様に「同期」と呼べる関係性を持つ人はいますか?」(n=111)と質問したところ、「いる」が56.8%、「いない」が43.2%と、半々の結果になりました。

Q1.中途入社をした会社で、新卒と同様に「同期」と呼べる関係性を持つ人はいますか?

・いる:56.8%

・いない:43.2%

■「同期」が欲しいとは思わない人60.4%

次に、Q1で「いない」と答えた方に、「Q2. 同期が欲しいと思いますか?」(n=48)と質問したところ、60.4%が「思わない」と回答しました

Q2.Q1で「いない」と答えた方にお聞きします。同期が欲しいと思いますか?

・思う:39.6%

・思わない:60.4%

■同期が欲しい理由は「悩みを相談できる人が欲しい」が63.2%

次に、Q2で「思う」と答えた方に、「Q3. その理由を教えてください。」(n=19)と質問したところ、「悩みを相談できる人が欲しい」が63.2%で最多の結果になりました。

Q3.Q2で「思う」と答えた方にお聞きします。その理由を教えてください。(複数回答)

・悩みを相談できる人が欲しい:63.2%

・孤独を感じるから:36.8%

・仕事の情報交換をスムーズにしたい:26.3%

・切磋琢磨したい:10.5%

・その他:0.0%

■3割の人が同期がいたら仕事の生産性向上に期待できると回答

続けて、Q2で「思う」と答えた方に、「Q4. 同期がいた場合、自身の仕事の生産性は向上すると思いますか?」(n=19)と質問したところ、「思う」が31.6%、「思わない」が26.3%と、3割の人が同期の存在で生産性向上にも期待できると回答しました。

Q4.Q2で「思う」と答えた方にお聞きします。同期がいた場合、自身の仕事の生産性は向上すると思いますか?

・思う:31.6%

・思わない:26.3%

・わからない:42.1%

■「同期」は悩み相談や切磋琢磨できる存在

次に、Q1で「いる」と答えた方に、「Q5. 同期がいてよかったと思うことを教えてください。」(n=63)と質問したところ、「悩みを相談できる人がいる」が66.7%で最多、次いで「切磋琢磨できる」「仕事の情報交換をスムーズにできる」が同率で47.6%の結果になりました。入社のタイミングが同じだからこそ理解し合える悩みや、コミュニケーションがあるようです。

Q5.Q1で「いる」と答えた方にお聞きします。同期がいて良かったと思うことを教えてください。(複数回答)

・悩みを相談できる人がいる: 66.7%

・切磋琢磨できる:47.6%

・仕事の情報交換をスムーズにできる: 47.6%

・特にない:6.3%

・その他:0.0%

■まとめ

企業内でスムーズに仕事を進めるにあたり、重要になってくる社内コミュニケーション。例えば、新卒採用の同期社員は、研修等でともに過ごす時間があり、仲間意識もあることから自然と仲良くなること多いです。その結果、新卒時期を過ぎても同期同士で仕事や社内に関して情報交換をし、効率的に仕事を推進できる傾向にあります。一方で、中途入社となると、入社時のタイミングが運よく重なるケースを除き、なかなか「同期」という存在の確保は難しいのが現状です。いうまでも無く、同期がいない中途人材には、適切な人への相談がしづらく、簡単な質問や悩みなども毎回一枚の壁があるように感じる人が多いようです。今回の調査でも、同期の存在に悩みの相談役を担ってほしいと望んでいる人が多くいることが判明しました。せっかく採用した貴重な中途人材が、長期にわたって自社で活躍してもらえるよう、企業側は、中途でも社内のつながりを生みやすいシームレスな職場環境づくりが求められています。